社員証は大切にしましょう

私の会社だけではなく、多分どこの会社もそうだと思いますが、社員証はとても大切です。それをもっていると会社の中に入る事も出来ますし、自分の事を証明する事が出来ます。必ず首から下げていましょうという所もあると思いますが、私は首が痛くなってしまうので一日中つけていることは出来ません。ただ、必ず肌身離さず持っています。会社のルールとしてなくした場合は罰金としてお金が引かれてしまいます。それは再度作成するのにお金がかかってしまうのも理由ですが、それ以上にもう二度と失くさないようにという注意も含まれていると思うのです。お金も安い金額ではないので更に気持ちが締まるでしょう。ただ、その社員証を落とし、かりに知らない人が広い、それを使って会社に入ってきてしまうことも十分に考えられるのです。情報漏えいなど今は問題になっていますので十分に気を付けたいと思います。


社員証ケースに一工夫してみました

私の勤めている会社では顔写真入りの社員証を首から下げておかなければなりません。そのため、皆、首からぶら下げるためのケースを持っています。入社時にもらったものをそのまま使用している人もいれば、自分の好きなデザインのものを使用している人もいます。私も少しオリジナリティを出したいなぁと思い、いろいろ悩みましたが、何分職場で使用するものなので、あまり派手なものはどうかなぁと思い、いろいろ考えているうちに、自分の中でこれだ!というアイデアが浮かびました。ひとまず、最初に会社から支給されたものを使うのですが、ストラップの社員証を結び付けてる部分にスワロフスキーのチャームを付けるのです。そうすることにより、キラキラと光るチャームが綺麗で支給されただけの状態よりはとても素敵に見えます。かといって派手すぎず職場でも浮かないので、非常に気に入っています。


社員証の作成は業者に依頼しよう

毎年作成しなくてはいけない社員証をどうにかコストダウンできないか、と悩んでいる方も多いと思います。会社側で一から作成していくと時間もコストも掛かり効率も余りよくありません。こんな時に頼ると良いのが社員証の作成を専門に行っている業者に依頼する事です。様々な形式でのカードを作成でき、磁気カードやバーコード、QRコードの印刷なども手掛けてくれます。デザインもそのままお任せできるので、こちら側が行う事といえばサンプルの中から気に入ったデザイン、オプションを選ぶだけで良いです。勿論デザインが決まっている物があればメールなどで添付しデータ入稿ができます。またこのような社員証を作成してくれる業者は沢山あるので、色々な所から見比べていくと良いでしょう。どこの業者も多く数を頼むほど一枚に掛かる単価も安くなってきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です